ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

米国のスーパーでの万引き事情が深刻になっています

2023/10/25
北米のスーパーと人気店
万引き アメリカ スーパー カリフォルニア州 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

万引きの大発生に終止符を打つために、アメリカは何ができるでしょうか?




米国の万引き

前の漫画 ローストビーフと一緒にどう?ヨークシャプディングを家庭でもおいしく焼き上げる方法
続き  小売店の窃盗がひどくなり、ウォルマートはアトランタの店舗内に警察署を建設中


米国のスーパーでの万引き事情について情報の出典は米国の掲示板・英語とリアフレ達からのチャットです。米国では深刻な社会現象になっています。
カリフォルニア州はロスのビバリーヒルズ地区とサンフランやなどの富裕層地区が多く貧富の差が激しいです。
2023年10月25日現在の最新の情報をまとめてお届けします。
続きの関連記事  TJマックスでの万引きの深刻化!全米各地のTJマックスも万引きの温床に?



米国のカリフォルニア州の万引き事情 ロサンゼルスでは特に多い

カリフォルニア州では、提案47号/AB109号によって666pcが撤廃され、窃盗で3回目の有罪判決を受けると1年の懲役と重罪が科せられることになりました。

現在では、950ドル以上の窃盗をしない限り、罪に問われる可能性は極めて低く、ましてや実際に有罪判決を受けることはほとんどありません。

犯罪が全体的に急増しているため、万引きをしても通報されることはなく、ほとんど毎回逃げられます。唯一の有効な手段は666pcでしたが、それが撤廃されたことで、万引きをした者を実際に罰する能力を完全に失ってしまいました。

666pcになると、その後に窃盗の前科がつくたびに、また666pcが課されることになり、窃盗犯はそれを知っていて、最低義務刑に直面したくないので、2つの前科だけでなくなってしまうのです。

ウォルグリーンやCVSのような大企業は店舗を閉鎖し、営業時間も短縮しました。人々は文字通りゴミ袋を持って店に入り、袋いっぱいにゴミを詰め、マスクもせず、身分を隠そうとすることもなく出て行きます。

そして、フリーマーケットに売って現金に換え、フリーマーケットは原価を下げて販売し、消費者は値上げによってその代償を払うことになります。


ターゲットでの集団万引きの様子

万引きが問題になっているところでは、地元の法律システムがどう処理しているかを調べれば一目瞭然です

カリフォルニア州では、有名な連邦議会の提案のひとつで、重罪を495ドル(確か)から1000ドル程度に変更しました。そのため、1000ドル以下の万引きは軽微なものになりました。警官たちは、いくら盗まれたかを集計する製品スキャナーや電卓を携帯していないので、わざわざ逮捕することはありません。地元の " 真面目な " 検察官は、「社会正義」という誤った考えのもと、告訴することはないでしょう。ただ無視するだけだ。警察も同様です。

ダラスは限度額を695ドルに引き上げようとしました。結局、盗まれた商品をカートに積んで出て行く人や、カメラに向かって笑顔で手を振って去っていく泥棒たちの監視カメラの映像が撮られることになりました。

単純な話です。大目に見た分だけ得をするのです。

万引きを容認すれば、万引きもさらに増えることになります。あるダラス地域のターゲットは、店舗を完全に閉鎖しました。司法制度が窃盗を容認したため、南ダラスの「小売砂漠」はさらに拡大することになりました。ウォルグリーンも同じ理由で、全国で多数の店舗を閉鎖しています。

損害保険は万引きのためにあるのではありません。店が全焼した場合に支払われるもので、暴動によるものではないのでご注意ください。戦争、暴動、反乱による損害の場合、ほとんどの保険は支払われることはありません。万引きに保険をかける余裕も事務処理能力も店にはありません。だから、万引きの代金は正規の買い物に上乗せされることになります。人々はその価格を支払おうとしません!そして店は閉店します。

これはアメリカ合衆国の問題ではありません。連邦政府は州法には関与しません。個々の州は一定の法律を定めているかもしれませんが、ダラスのように市は独自の法律を定めることができます。

問題は法律を施行することであり、ユニコーンの妖精が何を言おうと関係ありません。




いや、それは盗みであり、その金は盗んだ人の懐から直接出ていく

中小企業の経営者やその家族、店長の給料からかもしれないし、万引きがビジネスを破壊して職を失った労働者からかもしれない。

また、万引きによって店舗が破壊され、職を失った労働者からも。さらに、万引きによって店舗が破壊され、その損失を補填するために企業が値上げをした場合にも、すべての人の手から支払われる。万引きは多くの店舗で時折起こる問題ではなく、多大な資源を消耗する恒常的な問題なのだ。

また、リターンの一部を失う投資家にも打撃を与える(これには主に退職者や労働者、その他、金持ちの億万長者だけでなく、投資を必要とし、持っているもののために懸命に働いた人々が含まれる)。

さらに、ビジネスが税金の控除を主張する場合、そのお金は結局、合法的な社会プログラムなどへの政府支出の削減か、週ごとに生活しようとする労働者のような他のすべての人への増税で補われる。

この世にタダというものはないし、盗みと泥棒に被害者はいない。中小企業は巨大企業よりも打撃を受けるかもしれないが、最終的にはこの原則は変わらない。「稼がずに受け取るものは、受け取らずに稼がなければならない」。窃盗は被害者がいないとか、容認されているとか、そんなふうに思わせてはいけない。

最後の被害者はあなたなのです。長い間、あらゆる企業の警備に携わってきた者として、泣きじゃくる泥棒を何人警察に連行したことか。泥棒は常に、他人の労働の成果物を盗むことで得られる報酬について考えている。




万引きの大発生に終止符を打つために、アメリカは何ができるでしょうか?

従業員の一人によると、米国の某州のスーパーセーフウェイの店舗では、万引きによって1日あたり2000ドルの損失が出ているという。彼らが知っているのはその額だ。この損失は店の諸経費であり、料金を支払う客の価格に上乗せされる。私は店長が万引き犯に丁寧に立ち向かっているのを見た。犯人は実はステーキや酒だけでなく、ショッピングカートも盗もうとしていたが、結局それを諦めて逃走した。マネージャーは、万引き犯は窃盗という仕事をしており、毎日出勤していると述べた。従業員たちは、身の危険があるので、万引き犯を物理的に止めないように命じられていた。

1日あたり2,000ドルの万引きは、強盗団に比べれば小さなものだ。彼らを止める唯一の方法は、逮捕し、起訴し、投獄することである。


人々は買い物の利便性を求め、店は買い物客の増加にお金をかけています

商品は手の届くところにあり、カートに入れ、セルフレジで支払います。

それを利用しようとする泥棒や人がいるでしょうか?もちろんそうではない。それが人間の本性だが、私たちは彼らを逮捕し、刑務所に送り込んでしまう。確かに、地元のニュースは人間の悪い面を見せることを楽しんでいるし(彼らは逮捕者と有罪判決者の追跡さえしていない)、パニックを誘発するだけに色気を感じさせる。

つまり、ローカルニュースや新しい小売店では、視覚的に面白い映像が必要な状況がたくさんあるし、実際は38分先の天気予報を見るためにそこにいるだけなのに、60分の放送を延長するためにパニックを誘発する必要もあるということです......雨が降ったらどうなるか注意してください!25分以上、全員が雨具を着用し、激しい水の中に立たなければならないことにご注意ください。再びノアの洪水が起こるかもしれないの ですから.....


短期的には実現性も合理性もない

長期的には、その原因をすべて取り除くしか方法はありません。貧困、飢餓、貪欲、精神病、若さ、老い、妬み、富、政治、不平等、人種差別、刑事司法制度、私有財産全般、小売店、警察、政府による統一された対応の欠如、薬物、無知、数え上げればきりがありません。

私たちが自由意志と考えるものを修正しない限り、犯罪を止めることはできません。犯罪を減らすことはできても、万引きを罰することはできません。

長い目で見れば、万引きをなくす唯一の近道は、すべての子供たちに万引きは常に悪いことだと教え、同時に万引きの原因となりうるものをすべて取り除くことにほかならないでしょう。

全能の神であれば、それを選択することもできるはずです。大半の宗教がすべてを創造したと信じている神は、神が特に存在を許した罪のために人類を罰することを選んだけれど、それは天地創造の前から存在することを知っていたからです。全知全能の存在が罪を許すのであれば、有限の人間にはその一面を止めることはできないはずです。




万引きは多くの場合、地域の条例や州法でカバーされる問題だが、連邦政府の問題ではない、という意見も聞かれます。

問題は何層にもなっています。第一に、法執行機関は万引き犯を取り締まるよりも重要なことがあるという認識があります。第二に、裁判所も同じ立場にあるという事実。第三に、親やその他の人々が万引きを積極的に容認していることです。

ほとんどの店には80年代初頭からカメラが設置され、捕まれば起訴されることを知っていました。

米国ワシントン州では、盗もうとした物の価値(ちなみにこれは手元には残らない)プラス100ドルで、それほど重い罰金ではなかったが、ほとんどが少年を対象としているものではなかったかと記憶しています。万引きで捕まった大人は、盗もうとした物の価値に応じて、軽犯罪の窃盗罪か重罪の窃盗罪に処せられました。

つまり、どんな法律も、法執行機関や裁判所がその執行を拒否すれば、核心的な問題に対処するためには何の役にも立たないということです。そして今、私たちはこの問題に直面しています。万引きが多くの地域で蔓延レベルに達しているのは、警察も裁判所も捕まった者を罰しないからです。

多くの米国人は一般的に銃規制には反対であり、人々の財産を守る権利には賛成であるが、万引きを止める方法が殺傷力であるという回答は冗談であってもらいたい。それは比例した対応とは言い難いです。

万引きは、ポイ捨てや、他にもいくつか挙げればきりがないが、解決策は家庭から始まるもので、親が子供に善悪を教える責任を取り戻し、間違ったことをしたときには責任を取らせる必要があります。そうすれば、大人でありながらそのような行為を平気でするような人はいなくなるでしょう。



続きの関連記事  TJマックスでの万引きの深刻化!全米各地のTJマックスも万引きの温床に?



Category 北米のスーパーと人気店

  1. 世界でのコストコの評価とは?これから日本で求められる総合スーパーとは?
  2. 米国で売り上げが最も高いスーパーランキング2023
  3. アメリカとヨーロッパのスーパーでオンラインショッピング利用者が半数以上減少する
  4. ターゲットの快進撃 全米スーパーマーケットニュース評価2021年第1位
  5. カナダで話題の絶品スイーツ10選
  6. ニューシーズンズ マーケットってどう?ポートランド発祥のトレンドなスーパーマーケット
  7. カナダ・バンクーバーのベストグローサリーストアー
  8. ウェグマンズ、パブリックス、ハープスがニューズウィーク誌の「全米ベスト・スーパーマーケットトップ3」に選出される
  9. TJマックスでは有名人をみつけることができるの?
  10. ROSSの店内で賢くお買い物をする技1 高級ブランド品の宝探しショッピング
  11. ROSSの店内で賢くお買い物をする技2
  12. TJマックス!宝探しができる全米人気NO1ハイブランドディスカウントショップとは?
  13. 全米で一番人気なブランド品のディスカウント店!TJマックス 安くできる秘密とは?
  14. 2022年最新版 米国スーパーマーケット協会顧客満足度調査 1位はどこ?
  15. 2022年版アメリカのスーパーマーケット食料品売れ筋ランキング100
  16. スーパーの雇用はこの20年でどう変わった?
  17. アマゾンゴーの今全米でのレビューとは?
  18. アマゾンの「Just Walk Out」技術 あなたはただ通り過ぎるだけでご満足?
  19. アメリカで最も人気のあるスーパーマーケット パート4 13位~1位まで徹底解説
  20. アップルファーベスト 米国ワシントン州の林檎収穫祭
  21. ハロウインなアメリカのスーパー事情 2021年にハロウィーンのお祝いを推進する3つのトレンド
  22. アメリカで最も人気のあるスーパーマーケット パート3 17位~14位まで徹底解説
  23. アメリカで最も人気のあるスーパーマーケット パート2 20位から18位まで徹底解説
  24. アメリカで最も人気のあるスーパーマーケット パート1
  25. アメリカで最も人気のあるスーパーマーケット パブリックス
関連記事