ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

寒天の驚くべき健康効果と利点ってなんでしょうか?

2023/10/13
ハーバード式アンチエイジング食品
寒天 健康効果 海藻 ゼリー 効能 おやつ 栄養 海藻エキス

寒天の驚くべき健康効果と健康上の利点




ゼリートとおやつ

寒天をおやつに食べると健康効果があったり健康の利点があると言います。
さてそれはいったいどんな効果なのでしょうか?具体的に栄養士や医療関係者から説明はあったのでしょうか?
実は最近になってようやく解明されてきました。

日本語ではあまり公式では発表されていませんので英語圏やドイツ語圏やロシア語圏のサイトから情報をあつめたところ抗がんの効果やコレステロール値をさげたり糖尿病のリスクをさげるなど大きな効果が期待できることがわかりました。
今回はできるだけに簡単に説明した特集記事となります。



寒天とはどういうもの?



寒天ってなに?

寒天は、特定の種の赤い海藻(藻類)によって生成される天然のゼリー状物質の一般名です。食品を固めたり安定させたりするためのゼラチンのビーガン代替品として最も一般的に使用されます。脂肪や砂糖の追加に代わる食感や物質を与えたり、その必要性を減らしたりすることができます。

寒天は粉末タイプでご提供しております。無臭・無着色なので調理物を汚しません。海藻エキスが健康にいいというお話もあります。

ソース 寒天とは?





寒天の健康上の利点は?



寒天の健康上の利点は驚くべきものであり、多岐にわたります。毎日の食事の一部として摂取すると驚くべき健康上の利点があるため、スーパーフードとしての認識が高まっています。


寒天は、特定の種の赤い海藻によって生成される天然ゼリーの名前であり、何世紀にもわたってアジア全域で伝統的な食事の一部となっている海藻エキスで栄養価の高い食品です。

その理由は、健康上の利点と料理の多様性のためです。臨床的に証明され文書化された健康上の利点を提供する生理活性化合物が含まれているため、「機能性食品」として認識されています。寒天には、減量から腸の健康まで、さまざまな健康上の利点があります。以下では、人間と地球の健康をサポートする方法のいくつかを見てみましょう。

寒天は脂肪を含まず、減量につながります


文化によっては、寒天を自然な体重減少や​​健康的な体重の維持に強く結びつけている国もあります。日本人女性の中には、毎年春になると体を浄化するために(余分な体重を減らし、全体的な健康のために)寒天を使用する人もいると言われています。小さじ半分の寒天をお茶に加え、夕食の10分前に飲みます。


寒天パウダー

寒天には実質的にカロリー、コレステロールが含まれておらず、脂肪が含まれておらず、80% が繊維質です。その一部はゲル状の物質に変化し、腸内でかさばり、興味深い利点が得られます。寒天には次のような特徴があると主張されています。

食欲を低下させる 水溶性の難消化性繊維および親水性コロイドとして、寒天は水を吸収し、カロリーをほとんど抑えながら食事の量を増やします。したがって、満腹感を与えて、それを摂取する人が全体的な食物摂取量を減らすのに役立ちます。安岡貴子教授によると、これにより満腹感が得られ、あまり食べる必要がなくなるそうです。

大腸の筋肉の収縮を刺激することで、胃や腸からの老廃物の排出をサポートします。歴史的に、寒天はその穏やかな下剤特性により、慢性便秘の毎日の治療法として治療に使用されてきました。

胃でグルコースを吸収し、消化器系を素早く通過させ、脂肪としての貯蔵を阻害するため、天然の脂肪ブロッカーとして機能します。

肝臓を落ち着かせ、胆汁を吸収することでコレステロールの溶解を助けます。体重を減らすと脂肪として蓄えられたエネルギーが動員され、血流に放出されるため、これは重要です。

砂糖や脂肪を必要とせずに食品にクリーミーな質感を作り出し、カロリーを大幅に抑えた健康的で満足のいく料理を実現します。


寒天はGI値を下げ、糖尿病やコレステロールをサポートする効果があります

科学的研究により、寒天は 2 型糖尿病患者の耐糖能異常に対して有益な効果があることが示されています。寒天を加えた食事は、血糖値とグルコースの管理を改善する可能性がありますが、これらの利点の程度については研究が進行中です。

研究によると、寒天には可溶性繊維が非常に豊富に含まれており、他の食品に含まれる糖分子と結合して血流への吸収を遅らせるため、寒天を摂取する利点はGI値の低下に関連している可能性が高いことが示されています。

したがって、食事と一緒に、または食事の一部として寒天を食べると、食事の全体的な血糖指数が低下し、食後の血糖値の急上昇を防ぎます。これは、食欲をコントロールし、体が過剰な脂肪を蓄積するのを防ぐのに役立ちます。


寒天は葉酸とコリンの優れた供給源であるため、消化器がんのリスクを軽減し、コレステロールを低下させる可能性があるという兆候があります

葉酸の摂取には多くの利点がありますが、最近では特定のがん(腸、結腸、その他の消化管部分)に対する保護が注目を集めています。コリン肝臓を特定の種類の損傷から保護および/または治癒することが示されています。さらに、心血管疾患に関連するコレステロールとホモシステインのレベルを下げるのに役立つ可能性があります。これはさらなる研究が必要な分野ですが、いくつかの前向きな最初の兆候があります。


寒天には、最適な健康状態に不可欠なミネラルと脂肪酸が豊富に含まれています

寒天は、マンガン、マグネシウム、鉄などの多くの重要なミネラルの優れた供給源であり、適度なレベルのカルシウム、カリウム、亜鉛、銅、コリン、葉酸 (B9)、ビタミン E および K も含みます。寒天海藻ゼリーの 6 脂肪酸比は 25:1 で、私たちの典型的な食事ではオメガ 6 が多すぎることが多いため、これは最適な健康状態にとって大きな利点です。オメガ6脂肪酸よりもオメガ3脂肪酸をより多く摂取することを目指す必要があります。さらに、寒天海藻はナトリウムが少ないため、減塩ダイエットをしている人にとっては良い代替品です。


寒天は消化と腸の健康をサポートします

寒天は可溶性繊維の含有量が高い (約 80%) ため、消化と腸の健康を助けます。可溶性繊維は腸内でゲル状の物質を形成し、結腸*内の細菌によって容易に発酵されます。寒天の繊維は水を吸収して保持し、満腹信号を送ります。これは満腹感を保ち、食欲を抑え、空腹感を調節するのに役立ちます。

寒天の健康と幸福に関する継続的な研究は、寒天が結腸の健康にプラスの効果をもたらし、結腸疾患やがんを治療できる可能性があることを示しています。


寒天 - ビーガンのコラーゲンゲン?


寒天に含まれる硫酸化多糖類(ガラクタンと呼ばれる)は、関節、膜、皮膚、腸内壁を保存および改善することで、体内のコラーゲンと同様の役割を果たしていると言えます。

私たちの体内のコラーゲン生成は年齢とともに自然に減少するため、コラーゲンまたはガラクタンを補充します。寒天に含まれる成分は、老化プロセスと劣化を軽減する可能性があります。海藻や寒天に含まれる化合物の能力を測定した研究では、炎症を軽減するのにも役立つ可能性があることが示唆されています。


購入するのに最適な寒天は何ですか?


すべての寒天が同じように作られているわけではありません。多くの赤い海藻や海草は寒天を生産しますが、品種によってはより高品質の寒天を大量に生産できるものもあります。異なる海藻は異なる環境で生育し、異なる抽出技術が使用されるため、さまざまな特徴を持つ最終製品が得られます。したがって、寒天の品質は生産者ごとに異なります。何を買う場合でも、必ず保存された海藻を購入してください。テストされた汚染物質の場合。


ソース 寒天の健康的利点と健康になるための効能


寒天粉末の上手な使い方



ベーキングにゼラチンのビーガン代替品として、または卵の代替品として寒天を使用することは、保存食やドレッシングの粘稠度を向上させる方法であるだけでなく、素晴らしい材料としても使用できます。
寒天を料理に加えて、今すぐできるさまざまな使い方を試してみてください。

寒天を「ブルーミング」させ、適切な温度にすることが、ゲル化力を発揮する重要な要素です。熱すぎず、長すぎずです。

寒天は、熱を加える前に、まず 8 ~ 10 分間液体中で「開花」または再水和する必要があります。
これにより、寒天中の増粘剤が活性化されます。寒天は85〜90℃に加熱する必要があり、そうでないと溶けませんが、ゲル化能力を損なう可能性があるため、融点を超えて長時間沸騰させないように注意してください。

寒天が鍋やフライパンの底にくっつかないように、完全に溶けるまで常にかき混ぜてください。
使用する液体の酸性度は、寒天のゲル化能力に影響を与えます。液体の酸性が高いほど、固まるのにさらに多くの寒天粉末が必要になります。

寒天は、キウイ フルーツ、パパイヤ、パイナップル、桃、マンゴー、グアバ、イチジクなどの特定の生のトロピカル フルーツの酵素にさらされると分解し、固まりません。これらの果物には、寒天の凝固を防ぐ酵素 (ブロメリン) が含まれています。これらの果物を使用する場合は、寒天を加える前に加熱して酵素を分解し、レシピがうまく固まるようにします。

寒天は室温で固まるので、熱いうちまたは温かいうちに寒天混合物を皿に注ぎます

寒天は一度固まると、乱れると正しくリセットされません。ただし、ゼラチンと異なり、寒天は必要に応じて再度溶かすことができるので、ご安心ください。

皿が適切に固まるかどうかをテストするには、冷たい皿の上にスプーンで少量を取り、20 ~ 30 秒で固まるはずです。これを修正するには、寒天または液体をさらに追加します。

寒天で作られたゼリーは、湿気の多い天候では「汗をかく」ことがあります。これを防ぐには、小さじ1杯のコーンスターチ(コーンフラワー)を寒天と一緒に、調理中の液体に溶かします。

ソース 寒天粉末を使用するための 8 つのアイデア


海藻は体にいいのでしょうか?寒天と海藻の健康効果



なぜ海藻を食べると健康に良いのでしょうか?

海藻の栄養価は格別で、少量を定期的に食べると健康にさまざまなメリットをもたらします。海藻の栄養情報は、次の 3 つの広い (相互に関連する) カテゴリに要約できます。
海藻には、ミネラル、栄養素、微量元素の密度が非常に豊富に含まれています。海藻の栄養価は陸上植物をはるかに上回ります。また、ビタミン、ミネラル、炭水化物、タンパク質、植物繊維、脂肪といった、良い食事に必要な5つの必須栄養素もすべて含まれています。

クレンジングとデトックス

バランスを整えて落ち着かせる

海藻は、陸上植物からは必ずしも得られない、濃縮されたユニークなミネラルと栄養素を提供します

海藻(別名海野菜)の化学と生理学は、陸上植物の化学と生理学とは大きく異なります。海藻はその表面積全体を使って、海に存在する豊富なミネラルや栄養素を吸収します。これらのミネラル(ヨウ素やセレンなど)の多くは、たとえ土壌が健全であっても土壌中には存在しません。さらに、海藻は人体の健康な機能に不可欠なミネラルを濃縮する独特の能力を持っています。


海藻とヨウ素

海藻は、生物学的利用能が高く、天然の有機ヨウ素が最も豊富に含まれています。これは代謝をサポートし、体重を調節し、細胞活動を刺激するために不可欠です(これにより脂肪が燃焼され、毒素が除去されます)。


海藻とビタミンB12 - 植物ベースの食事をサポート

陸上で生育する植物は、機能のためにビタミンB12を必要としないため、ビタミンB12を生産したり貯蔵したりするための能動的なメカニズムを持っていません。ノリなどの海藻は、そこに生息するバクテリアからビタミンB12を摂取し、その代わりにバクテリアに炭素を与えます。海藻に活性型 B12 が含まれるか、不活性型 B12 が含まれるかについては議論があります。

経験的証拠を見て、「Sea Vegetable Celebration」の著者であるシェップ・アーサート氏とレスリー・セリエ氏は、30年以上動物性食品を一切食べていないが、定期的に海藻を摂取している菜食主義者はビタミンB12欠乏症の症状を全く示さなかったと指摘しています。

海藻中のビタミンB12の生物学的利用能に関するさらなる研究が進行中で、有望な結果が得られています。


海藻とカルシウム

海藻には顕著な量のカルシウムが含まれており、他の植物由来のカルシウム源とは異なり、シュウ酸やフィチン酸塩のレベルが低いため、海藻中のカルシウムの利用率が高くなります。海藻には、骨の健康に不可欠な微量ミネラルも多く含まれています。


海藻とカリウム

一部の海藻にはカリウムが豊富に含まれており、ナトリウムと理想的な比率で含まれています。 カリウムは、ナトリウムの高血圧効果を相殺し、血圧を調節し、体液の適切なpHレベルを維持するために必要です。これらのミネラル間のバランスが崩れると、さまざまな病気が引き起こされる可能性があります。


海藻には、他にもさまざまな濃縮ミネラル、栄養素、微量元素が含まれています

海の野菜には、陸上の野菜に比べて、利用可能なミネラル、濃縮されたカルシウム、鉄、マグネシウムが最大 20 倍含まれています。個々のミネラルと必須元素の数は、特定の海藻だけでなく、他のいくつかの環境要因や季節要因によって異なります。それでも、それらは体に容易に吸収されるように、バランスのとれた比率で自然に提供されます。


海藻には独特の成分が含まれています

アルギン、フコイダン、ラミナリンは特に褐藻に含まれています。研究では、これらの化合物が変性疾患の矯正に重要な役割を果たすことが示されています。


海藻と抗酸化物質

Nawal Kishore Dubey 著「抗酸化物質の天然源としての植物」によると、藻類は最も未開発の天然酸化剤源です。これは主に、高等植物(陸生)の生物多様性を超えるその膨大な生物多様性によるものです。


海藻のたんぱく質について

海藻に含まれるたんぱく質は、人間の体に吸収されやすいシンプルな形で提供されています。このタンパク質はカロリーと脂肪が低く、アルカリ性でコレステロールを含みません。赤い海藻は、すべての海藻グループの中で最も高いタンパク質を含んでいます。たとえば、海苔には最大 35% のタンパク質が含まれています。


海藻の繊維について

海藻には多くの「多糖類」が含まれていますが、そのほとんどは人間によって消化されません。したがって、それらは食物繊維として扱われます。海藻は繊維含有量が比較的高く (33 ~ 75%)、特に可溶性繊維が豊富 (糸全体の 50 ~ 85%) で、その一部にはプレバイオティクス効果があるものもあります。


海苔の糖質について

海藻には炭水化物、植物栄養素の形の例外的な糖類(寒天やカラギーナンなど)と複合糖(マンニトールなど)が含まれています。海藻の炭水化物は繊維の形でゆっくりと放出される糖であり、少ないカロリーで十分なエネルギーを供給します。海藻の糸には、水溶性のものと不溶性のものがあります。どちらも水またはミネラルカチオンと結合することができ、結腸微生物叢によってプレバイオティクスの利点を提供し、毒素の結合、潤滑、排出を促進する発酵性基質として使用される可能性があります。


海藻の脂肪酸とアミノ酸について

海洋野菜には、オメガ 3 を適切な比率で含む脂肪酸、抗酸化物質、植物栄養素が含まれています。西洋社会で罹患率の高い多くの慢性疾患のリスクを軽減するには、オメガ-6/オメガ-3 脂肪酸の割合が低いほど望ましい。

海藻タンパク質は、すべてのアミノ酸、特にグリシン、アラニン、アルギニン、プロリン、グルタミン酸、アスパラギン酸の供給源にもなります。藻類では、必須アミノ酸 (EAA) が全アミノ酸のほぼ半分を占め、そのタンパク質プロファイルは卵タンパク質の形状に似ています。


海藻と解毒

海藻は、穏やかに浄化し、デトックスする能力があることでも知られています。海藻は海の中でスポンジのような働きをします。これらには重金属や環境汚染物質を引き寄せるユニークな生理活性化合物が含まれており、食べると腸内で同じ穏やかな解毒機能を発揮します。


海藻には毒素を引き寄せる独特の化合物が含まれており、寒天やアイリッシュモスなどの一部には穏やかな下剤効果もあり、体の老廃物をより効率的に排出するのに役立ちます。海藻が浄化とデトックスにどのように役立つかについて詳しくは、こちらをご覧ください。


私たちの全体的な機能の健康的で自然なバランスを回復する海藻の能力

研究によると、海藻は私たちの体内でいくつかのバランスをとる機能を果たしていることがわかっています。これには、血圧低下のサポート(カリウム含有量による)、肝臓での脂質代謝の促進、内分泌機能の調節の支援などがあります。また、アルカリ性が高いので、消化管を和らげます。これらに含まれるアルギン酸塩は、過剰なナトリウムや環境毒素を除去することで体内の塩分のバランスを整えます。海藻には植物ホルモンとステロールが含まれています。ほぼカロリーゼロで。バランスの詳細については、こちらをご覧ください。

要約すると、海藻の栄養価は比類のない総合的なものです。通常の食事に少量の海藻を加えると健康に良いです。

自然乾燥され(ビタミンや天然酵素が保持されるように)、汚染物質の検査が行われ、倫理的かつ持続可能な方法で収穫された高品質の海藻を購入するようにしてください。

ソース 自然なバランスを回復する海藻の能力

筆者ナナイは、実は50年以上食べ続けている寒天とゼリー。寒天は海藻でゼリーは動物や魚の身からとれるたんぱく質として成分は違いますが、ゼリーのようにジュースを固めるという目的は同じです。上手におやつの材料として取り入れればお肌を皺から守る美容液のような効果もあるかもしれません。こんにゃくゼリーではなく通常の寒天ゼリーとかゼライスパウダーのことです・


ハーバード式健康過去の記事



関連記事