ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

鹿に絶対に食べられない果物と野菜を教えて!

2023/08/03
鹿被害対策
鹿に食べられない果物と野菜 イチジク ルバーブ じゃがいも アガベ ハーブ アーティチョーク イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

鹿に絶対に食べられない野菜と果物を教えてほしい



ほとんどの場合、シカと人間は同じ味覚と共通の臭覚をもっているからこそ、シカは私たちの家の庭に寄ってくると考えられています。

ただし、人間と同じように、シカにも食べたくない食べものが存在するということです。

鹿を遠ざける植物、果物、野菜のリストを読んでみましょう!

今回の記事は特に効果のある果物について掲載を特集しました。




いちじくの風景


鹿が大嫌いな果物と野菜 にんにく ハーブ じゃがいも アーティチョーク オリーブ


アリウムまたはニンニク (1)


1) アリウム各種

シカはバラを食べるのはとても好きですが、ニンニクの味と香りには耐えられません。

バラはシカの食害が多い花なので、花の近くにニンニクを植えましょう。

香りはバラを長持ちさせるだけでなく、シカの鼻を刺激することになるでしょう。
タマネギも鹿が嫌う忌避剤で知られています。


アリウムまたはニンニク (5)




2) アロマハーブ


ハーブイラスト

うーん、セージ、ディル、フェンネル、オレガノ、マジョラム、ローズマリー、タイム、ミントの素敵な香りは、人間にとっては天国みたいなものですが、シカにとっては最悪です!鹿にとって、これらのハーブの香りは強烈すぎると感じるので十分。



3)たまにしか食べない野菜と珍しい野菜

じゃがいもの (3)


ジャガイモは一般的に「シカに時々邪魔される野菜」に区分さ れますが、ほとんどのシカは近寄らないので、庭のシカ避けになります。

ただし、トマトとピーマンは、シカが庭に近づくことをいつも検討するような野菜で注意が必要です。


アーティチョーク (1)


その他の野菜


アーティチョーク (2)


アーティチョーク: アーティチョークは外側にトゲがあるため、鹿は鼻先を突っつかれるのを怖がります。
アーティチョークが傷つくことはほとんどなく、冬(クラウン)または春(種から)に植えても傷つくことはありません。


オリーブの木 (2)


オリーブ
:他に食べるものがなければ、シカはオリーブに近づきません。そのため、オリーブは「たまに被害を受ける野菜」に分類されています。


オリーブの木 (3)


果物 イチジク



イチジク: 樹液がネバネバしているせいか、シカはイチジクのねっとりしたおいしさを嫌がります。これを植えれば、シカのいない庭を保つことができるでしょう。


いちじくの木 (4)


シカはイチジクの果実を嫌がります。シカは小さな小枝や葉、リンゴや梨のような果実をむしゃむしゃと食べるのを好むので、ワックス状のイチジクの実はシカにとって魅力的ではありません。

ラテックス樹液には毒素が含まれているので、よほど空腹でイチジクの木が庭で唯一の採食源でない限り、シカは食べようとしない、というわけなのです。

シカが果実を食べなくても、イチジクの木に様々な被害を与える可能性があります。


シカとイチジクの木 - 知っておくべきこと

イチジクの木とシカに関しては、備えあれば憂いなし。お腹を空かせたシカが庭にやってきて、いつ木を襲うかわかりません。

シカが木に与える被害は、若葉や小枝だけではありません。


いちじくの木 (1)


鹿はイチジクの木を食べるのでしょうか?

一般的に、イチジクの果実は、この地域のシカからは安全です。シカはイチジクの果実が好きではなく、果実のワックス状の皮に魅力を感じません。

樹液も消化しにくく、葉もシカにはほとんど栄養がありません。


ルバーブ



ルバーブ:葉が茂り、鮮やかな緑色をしているにもかかわらず、シカは通常ルバーブを好みません。ルバーブを植えれば、鹿を見ることはありません。


ルバーブについて

植物界において、ルバーブを特定するのは困難であるかもしれないです。パイやジャムなど甘い用途に使われることがあるため、ルバーブの分類が誤っているようですが、実際は野菜です。


ルバーブ (6)


ルバーブには独特の酸味があり、品種によっては茎が緑色か赤色のものがあります。いちごの香りに非常にとてもよく似ており、ロシアなど冬が長い地域では苺が現代のように品種改良される前は、いちごの代用のジャムとして使われていることもありました。


ルバーブは過酷な環境にも耐えることができ、多年草で成長します。休眠状態の庭で最も早く生命を示す植物のひとつで、早春に姿を現します。この植物の鮮やかな緑色の茎は、料理用として珍重されますが、深く裂けた巨大な葉にはシュウ酸が多く含まれるため毒があります。


鹿はルバーブを食べるのでしょうか?

鹿はルバーブを好まないというのは本当でしょうか?ほとんどの場合、答えは否定的なものです。シカは様々な食品を食べますが、ルバーブには特有の毒性があるため、シカはルバーブを避けることが多いのです。ルバーブのシュウ酸を多く含む大きな葉は、シカを遠ざけるのに役立っています。しかし、シカは葉よりも毒性の低い茎を食べることがあるので、特に食べ物が少ない場所では注意が必要です。


ルバーブ (2)


ルバーブが常にシカの被害に遭いやすいというわけではありませんが、シカが最初に選ぶものでもありません。シカはお腹が空いていればルバーブを食べてしまうので、もしかしたらかじられた株が残ってしまうかもしれません。ルバーブを鹿に食べられないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?


鹿からルバーブを守る

ルバーブは鹿の大好物ではないでしょうが、それでも用心に越したことはありません。鹿を庭に寄せ付けず、ルバーブの苗を守るには、フェンスを設置するのが一番です。高くて頑丈なフェンスは、効果的な障壁となります。


おわりに

通常、鹿はルバーブを食べないとはいえ、どうしても食べたいと思えば、何本か食べてみるかもしれません。

しかし、適切な防御策を講じれば、ルバーブや庭の他の部分を、この愛らしい害獣から守ることができます。

その土地の動物相とその習性に精通していることが、一番の防御策であることを常に念頭に置いておきましょう。

鹿が立ち入らない、安全な庭で乾杯しましょう!

ルバーブは日本ではまだあまりメジャーな果物ではありません。道の駅で週末に少しみかける程度で一束398円前後です。これでいちごジャム1杯分ぐらいです。少々お高いとも言えます。

今後日本でもお菓子作りのメジャーな材料として需要が増えてくる可能性もありますので栽培もおすすめです。


アガベとリュウゼツラン



アガベ: アガベで庭に美しさと華やぎを。
シカは嫌いますが、庭を訪れる人には喜ばれます。

アガベは米国南部やメキシコを始めとする中南米地域で果糖の原材料として使われており日本でも輸入しています。長時間にわたって熱を加えることで果糖になります。


アガーベ またはリョウゼツラン (6)


アガベはリュウゼツランとも言います。アロエに似ています。

アロエはジューシーで美味しいためにとげがあるにもかかわらず鹿や野ウサギやアライグマの大好物なのでご注意ください。




アガベはテキーラの原料です

テキーラは、リュウゼツランという植物から作られる蒸留酒です。高品質のテキーラは蒸留したブルーアガベを唯一の原料として使用していますが、ミクストスとして知られる他のテキーラは発酵アガベジュースと砂糖ジュースから作られたスピリッツを混合しています。

テキーラはメキシコの特定の場所でしか作られません。

テキーラの材料

テキーラの製造プロセスは複雑ですが、最終的にボトルに入るのはほんのわずかの材料だけです。テキーラの中にはリュウゼツラン以外の原料を含まないものもあります。多くのテキーラに含まれる主な成分は次のとおりです。

蒸留されたブルーアガベ(すべてのテキーラの主成分)
砂糖
添加物(テキーラの種類によっては色が異なります)
純粋なアガベ テキーラは、ミックス テキーラよりも高品質で味が良いと見なされることもよくあります。




リュウゼツラン
を育てたことがない方は、多肉植物の魅力的な世界に足を踏み入れようとしていることに気づいてください!これらの植物は、新しい観賞用庭園を作る際に、無数の珍しい選択肢を広げてくれるでしょう。


アガーベ またはリョウゼツラン (3)


リュウゼツランは大きくて肉厚な葉を持ち、その先端は一般的にとげとげしく尖っている。葉は根元からロゼット状に外側へ上へと伸びていきます。葉の色は青緑色から灰色までさまざまで、金色や白色の斑が入ることもあります。

他の多肉植物と同様、アガベも成長はゆっくりですが、手入れは最小限ですみます。乾燥には強いですが、暖かく湿った気候でも育ちます。アガベは数年から数十年生きることができ、花が咲いてから枯れます。

アガベは、一年を通して庭に形と構造を与えるので、造園用植物としてよく栽培されています。小型のアガベは、鉢植えやハンギング・バスケットでも栽培できます。


アガーベ またはリョウゼツラン (7)


アガベは鹿に強い?

シカは貪欲な草食動物で、大人のシカは1日に最大12ポンド(約1.5kg)の餌を食べます。多様な食餌を必要とし、他の動物が不快に感じたり、有毒とさえ感じる植物を食べることに驚くほど耐性があります。


リュウゼツランは、革質でトゲのある葉が食欲をそそるおやつにならないため、動物に悩まされることはほとんどないといって過言ではない植物です。しかし、アガベは鹿に強いのでしょうか?それとも、鹿があなたの大切なアガベの植物をかじったりするのでしょうか?


シカは丈夫な葉やトゲのある植物を嫌う傾向があるので、アガベにはある程度の抵抗力があります。シカが豊富な食料源を持っていれば、アガベを食べようとすることはないでしょう。


アガベの密生したトゲのある葉は、シカをより弱い植物から遠ざける効果的なバリアにもなります。フラワーボーダーの境界線にアガベを植えれば、印象的なビジュアルディスプレイとなり、シカを寄せ付けません。


オスのシカは樹木や低木に角をこすりつけることで縄張りを示し、その過程で大きなリュウゼツランを傷つけることがあります。

また、シカがリュウゼツランの花茎を食べるという報告もある。多くのリュウゼツランは花茎をつけるのに数十年かかるため、これは大きな失望となりかねないのです!また、シカがリュウゼツランの花茎を食べてしまうという報告もあります!

悲しいことに、アガベは初めて花を咲かせると枯れてしまいます。ですから、もしあなたのリュウゼツランが花茎を伸ばしたら、シカから保護することをお勧めします!


アガーベ またはリョウゼツラン (4)


リュウゼツランはシカに有毒?

リュウゼツランの樹液には有毒なシュウ酸塩が含まれており、様々な健康被害を引き起こす。人間やペットの場合、シュウ酸塩は口内を火傷させ、皮膚に局所的な炎症を起こすことがあります。

しかしシカに関しては、少量であれば有毒植物を食べるという驚くべき能力があるようなので注意が必要です!シカの食欲は、シカが有毒植物を食べるのを阻止することができるのです!シカが柔らかいリュウゼツランの葉を一口か二口食べたという逸話があり、シカは少量のリュウゼツランなら何の影響もなく食べることができるようです。





害鳥獣対策の記事リスト



Category 害鳥獣対策
関連記事