ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

スイスに拠点を置く世界一の製薬企業、ノバルティスとロシュについて

2023/04/29
役員になるには MBA講座
バーゼル 製薬会社 ナナイ ブログ イケメン過ぎて声のかけられない店員さん スティーブジョブズ ハーバード大学

スイスのような小国が、なぜ巨大な製薬会社になれたの?



ノバルティス、ロシュ、ロンザといった大手製薬会社の名前を思い浮かべてください。これらの会社には、ある共通点があります。チョコレートと山、そしてハイジの国、スイスの企業です。人口わずか860万人のスイスには、いくつもの湖や豪華な中世の街並みがあり、世界最大級の製薬会社もあります。

実は、製薬業界はスイス経済にとって重要な役割を担っているのです。スイスの製薬会社は、その画期的な強さで知られ、国際的な競争力が高く、何十年もの間、その領域を広げてきました。

では、その根本的な理由は何なのでしょうか?スイスの成功の鍵は何なのでしょうか?なぜ、こんな小さな国が製薬界のリーダーになれたのでしょうか?

おことわり・コロナ特需がなければファイザーの売り上げが2022年は1位ではなかったので、通常はスイス企業がダントツTOPなのでこのようなタイトルに致しました。ご了承ください。



研究開発とイノベーションの強さ



人口わずか860万人のスイスには、いくつもの湖や豪華な中世の街並みがあり、世界最大級の製薬会社もあります。 実は、製薬業界はスイス経済にとって重要な役割を担っているのです。スイスの製薬会社は、その画期的な強さで知られ、国際的な競争力が高く、何十年もの間、その領域を広げてきました。

人口がモスクワより少ないにもかかわらず、新興企業から多国籍企業まで、250社以上の製薬会社がスイスに拠点を置いています。世界で最も偉大な医薬品の発見のいくつかは、スイスからもたらされました。例えば、1995年、ロシュ社で開発されたHIV治療薬が国際市場で承認されました。これは、HIVの歴史に残る出来事であり、HIV感染者に希望と安心をもたらしました。この10年間で、スイスのGDP成長率の3分の1以上を占めており、スイスの経済に貢献する主要な要因の一つとなっています。

さらに、医薬品はスイスの総輸出額の38%を占めており、これは時計、チーズ、チョコレートの合計よりも多い。しかし、その影響力はスイスだけにとどまらず、多くの国際的な製薬会社や何千人もの外国人従業員がスイスを故郷としています。スイスは明らかに正しいことを行っているのです。

スイスのような天然資源に乏しい小国にとって、国際市場で成功するためには競争力が重要です。賃金やコストが高いため、スイスの企業は特に、品質や製品の革新を通じて競争力を獲得することが重要です。スイス政府は革新的なアイデアに資金を提供することを約束し、イノベーションに大きなメリットをもたらしています。例えば、新しい医薬品のライセンスを取得するための登録手続きは、世界で最も早いものの1つです。

さらに、スイスは重要な生産拠点であるだけでなく、重要な研究拠点でもあります。優秀な科学者を確保できるため、世界をリードする大学や研究志向の優れた製薬会社が誕生しています。



バーゼルは製薬活動の中心地



バーゼルはすべての製薬活動の中心地です。スイスの製薬会社の従業員の約3分の2がこの地域で働き、この分野の付加価値の大半はこの地域で生み出されています。スイスが他の国々と比べて特別なのは、発見したものを商業化する能力が高いことです。特にバーゼル地方では、著名な研究機関が製薬会社の近くにあり、医薬品開発のための完璧な条件が整っています。

また、スイスは金融条件も良く、安定しているため、企業の業績も好調です。しかし、事業拠点など、スイスに一般的な影響を与える外的要因も決定的な役割を担っています。税制や関税の規制、国際貿易協定、欧州連合との安定的で良好な関係などがそれです。

例えば、新興企業や新しく設立された外国企業は、法人税や資本税の一部免除、場合によっては完全免除の対象となります。あるいは、政府はイノベーション関連の税制優遇措置(研究開発税控除など)を置き、これがイノベーション分野で優秀な企業を後押しする強力な要因になった。他国との良好な関係への投資という点では、スイスは欧州連合(EU)をはじめ、日本などの革新的な主要国や中国などの主要原薬製造国を含む多くの国と自由貿易協定を結んでおり、重要な輸出市場へのアクセスを可能にしています。


多くのライフサイエンス、バイオテクノロジー企業がバーゼル地域に進出している理由



バーゼルエリアは、ライフサイエンス分野における世界最大、最高、最新のイノベーターが多く集まる場所であり、製薬大手の欧州における主要拠点であることが証明されています。


古い英語のことわざがあります 羽のある鳥は一緒に集まる

これは、同じ趣味を持つ人や、性格やタイプが似ている人、あるいは企業同士が付き合う傾向があることを指します。

スイスの大手製薬会社

だからこそ、バーゼル地域は、世界中の生命科学分野における最大、最良、最新のイノベーターの多くに好まれ、製薬大手にとって紛れもなく欧州の主要拠点であることが証明されているのでしょう:

世界最大の製薬会社の時価総額ランキングでは、2022年では2位のロシュ、5位のノバルティスなど、上位50社のうち10社がバーゼル地域に本社または欧州拠点を置いています。(2021年は1位がロッシュ 3位がノバルティスでした。現在1位のファイザーはコロナ特需がなければ1位にできることなどあり得ませんでした。ここは大人の事情がわかりやすくなっています。)

これらの企業とバーゼル地域の相性は、文字通り抜群です:

都心に位置する優れたインフラ、充実したサポートサービス、最先端の研究機関へのアクセス、志を同じくする先進的な企業など、さまざまな要素が組み合わされています。そしてもちろん、スイスという風光明媚で文化的にも豊かな土地での生活の質も、ヨーロッパで最も豊かな人材確保の鉱脈のひとつです。

バーゼルエリアのビッグネーム

ロシュとノバルティスは、近年バーゼル地域に多額の投資を行った2つの企業に過ぎません。ロシュのシンボルタワーは、バーゼル出身の世界的建築家ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計し、それぞれ約5億5千万2千スイスフランを費やしています。また、ロシュは、約1900人の従業員が働く新しい研究開発センターに30億スイスフラン以上を投資しています。開設は2023年の予定です。

ライン川の対岸にあるノバルティスのキャンパスも、従業員のために珠玉の建築物を揃えている。このキャンパスには、スイス・イノベーションパーク・バーゼル地区の最新施設もあります。バーゼル周辺にある4つの拠点のうちの1つであるノバルティスキャンパスは、デジタルヘルスに特化した拠点です。デジタルヘルスケアの専門家によるユニークなコミュニティの中心的存在として、ワークスペースやミーティングスペースを提供しています。

バーゼルエリアの投資注入を支える有効成分とは何ですか?

バーゼル地域は、スイスで最も革新的な地域であり、国民一人当たりの欧州特許出願数が最も多い地域です。

そして、ヨーロッパの真ん中に位置し、ヨーロッパ最大の市場であるフランスとドイツの国境にあり、道路、鉄道、航空網が発達しているという立地条件もあります。

この地域にはヨーロッパ最大の人材プールがあり、31,600人の高い資質を持つ多言語を話す国際的な専門家にアクセスすることができます。スイスには、バイオサイエンス分野のトップ20のうち6つの大学があり、車で1時間以内の場所に14以上の国際的に認められた研究機関があり、1,000以上の研究グループがあります。

「バーゼル地域には、スタートアップから大手企業まで、バリューチェーン全体にわたって盛んなエコシステムが存在します: 研究開発、臨床試験、製造、商業化、サービスプロバイダーなど、すべてのバリューチェーンにおいて、新興企業から大手企業まで活発なエコシステムが形成されています」と、バーゼル地域ビジネス&イノベーションの国際市場・ビジネス担当責任者であるフランツ・ヴァイベルは述べています。

バーゼル・エリア・ビジネス&イノベーションでは、国際的な企業や新興企業のバーゼルエリアでの事業立ち上げや拡大を支援し、有力企業や一流大学、世界的な研究センターが集まるダイナミックなクラスターにつなげます。

世界の製薬会社トップ100の世界ランキングでは、トップ50のうち10社がバーゼル地域に本社または支社を構えています。

バーゼル地域に本社または支店を置く上位製薬会社

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン、グローバルランキング1位
  • ロシュ、世界ランキング2位
  • ノバルティス社、グローバルランキング5位
  • Moderna、世界ランキング17位
  • バイエル、世界ランキング19位
  • ベーリンガーインゲルハイム
  • 亨瑞医薬、世界ランキング20位
  • Lonza、グローバルランキング25位
  • BeiGene、グローバルランキング29位
  • ドクター・レッディーズ、世界ランキング44位

アジアの医薬品市場の拡大に伴い、中国の製薬会社がスイスの子会社の所在地としてバーゼル地区を選ぶケースが増えています。その中には、時価総額でアジア最大の製薬グループである恒瑞医薬も含まれています。


スイスバーゼルの製薬会社の事情


スイスは製薬産業で世界的に有名です。スイス全土に様々な製薬会社があります。ここでは、バーゼルから3社を紹介します。この3社はすべて、スイスの大手製薬会社100社のリストに含まれています。


スイスの大手製薬会社 1スイスフラン=155円

1. F. ホフマン・ラ・ロシュAG:売上高583億スイスフラン 9兆円

売上高では、ロシュグループは世界最大の製薬会社とされています。1896年、バーゼルの起業家フリッツ・ホフマン・ラ・ロシュによって創業されました。サクセスストーリーは、19世紀末に自社開発した人気のある咳止め薬から始まりました。今日、ロシュ・グループは、他の分野でも活躍しています。事業は2つの分野で構成されています: 医薬品と診断薬です。医薬品は、がん、貧血、炎症性疾患、自己免疫疾患、ウイルス性疾患、中枢神経系疾患、移植などの治療に用いられる医薬品を製造しています。診断薬事業は、臨床検査用の製品を供給しています。グループは10万人以上の従業員を擁しています。エフ・ホフマン・ラ・ロシュAGは運営管理会社であり、グループの法的傘下はロシュ・ホールディングAGです。

2. ノバルティスAG:売上高487億USドル 6.4兆円

1996年に製薬・化学会社のチバガイギーとサンドが合併し、ノバルティスという人工名称の新グループが誕生したのです。この会社のルーツはもっと古い。チバガイギー社の歴史は1758年、サンド社の設立は1886年にさかのぼる。新グループは医薬品に特化し、化学品部門は徐々に売却された。製品ポートフォリオには、医療用医薬品と一般用医薬品が幅広く含まれています。ジェネリック医薬品部門については、2003年にサンド社のブランドが復活しています。サンド社もバーゼルに拠点を置き、ノバルティスのサブグループを形成しています。ノバルティスは10万人以上の従業員を擁しています。

3. ロンザグループ(Lonza Group AG):売上高45億スイスフラン 7千億円

ロンザの物語の始まりは、ヴァレー州にある電力工場でした。発電した電気は、炭化カルシウムやアセチレンの生産に使われていました。今日、ロンザは、いくつかの化学および医薬のビジネスで活躍しています。4つのビジネスユニットがあります: ロンザ ライフサイエンス イングリディエンツ(農業用食品・飼料添加物)、 ロンザ マイクロビアル コントロール(微生物を制御する化学物質)、 ロンザ カスタム マニュファクチャリング(様々な病気のための医薬品原料)、 ロンザ バイオサイエンス(治療製品の研究・開発・製造用の補助剤)。本社はバーゼルにあり、ヴァレー州のヴィスプは重要な生産拠点となっています。ロンザ社の従業員数は約14,500人です。




この3社はコロナワクチンの開発には関与しておりません。ただしスイスでは他社が開発したことなワクチンをスイスの人口の2倍以上購入しています。特に2022年は全世界で医薬品の売り上げ1位のファイザー製薬(コロナ特需とも言われています)が5年ぶりになりました。それ以前は、ロシュもノバルティスも世界の3大製薬会社として君臨しています。
主力医薬品は癌の治療薬などです。3社合わせて毎年の売り上げは

この事実だけでも日本ではもっと大々的に新聞社などで公開してもいいと思います。

Why so many life science and biotech companies wing their way to the Basel Area 06.01.2022



マルガリータの話


ワッフルメーカー買おうかなやむわ


マルガリータノハナシ


マルガリータノハナシ1


マルガリータノハナシ2


マルガリータノハナシ3


スティーブジョブズ氏の効果


スティブジョブズ氏効果


スティブジョブズ氏効果1


スティーブジョブズの知られざる側面とは?  前回の続きです。

イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 総合案内


やめられないのよ (2)



なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました



漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。

イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より



なないイケメンブログ漫画登場人物2022年~2023年2月予定




ハーバード式健康法人気記事


育毛におすすめの魚野菜と果物

育毛におすすめの魚野菜ベリー




育毛におすすめのサラダ








ドーナツとソーダー水



髪を染める1




英国風いちごデザート20選







北斗がいいにきまってるでしょ2

関連記事