google-site-verification: googleb5e762705a79075b.html
ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

鹿追い払う方法とは?

2023/04/03
鹿被害対策
鹿 追い払う 方法 鹿被害 軽減 米国 コネチカット ハーバード大学

シカの個体数増加をコントロールするための非殺傷的な方法



米国コネチカット州のオジロジカは、農作物や景観への被害、シカと車の衝突の増加、病気の蔓延など、多くの問題を引き起こしています。今回の記事は「シカの個体数増加を抑制する非殺傷的な方法」というテーマでお話しします。

日本で鹿が異常に繁殖する理由のひとつは鹿は一夫多妻制であるからです。平均して雄には3人の配偶者がいるのです。

繁殖管理によるシカの個体数管理は、メディアからも注目されていますが、その中には非常に分かりにくいものもあります。この記事を読み終えるころには、シカの非致死的管理について、米国コネチカット州ではどのような立場にあるのか、よりよく理解していただけると思います。


鹿 怖がる音 逃げる音 鹿対策 鹿撃退 音 車 鹿よけ1




鹿の被害を軽減するための方法


まず最初に歴史的なシカの個体数と現在のシカの個体数について説明します。オジロジカは、1800年代後半にはほとんどの地域で絶滅寸前まで狩られましたが、20世紀後半になると、狩猟監視員によるシカ保護のための法律が強化され、数が回復し始めました。また、1900年までに何千もの農場が放棄され、シカにとって理想的な地域が残されたことも、シカの数を増加させた要因となっています。

コネチカットの鹿と車の衝突事故は、過去10年間で着実に増加しており、2000年には、3,300件以上の鹿と車の衝突事故が報告されています。事故の多くは、シカの繁殖期である10月から12月にかけて発生しているのです。州内で最も多くの衝突事故が発生した町は、マディソン、ノースブランフォード、グロトンなどで構成されています。

鹿の被害を軽減するための方法としては、以下のようなものがあります
  1. 鹿に嫌われる植物を選ぶ
  2. 化学忌避剤の使用(庭のシカ対策として、いくつかの選択肢を挙げた資料を提供しました。)
  3. 物理的障壁の使用(フェンスの種類は、単純な単線の電気フェンス、軽量のプラスチックフェンス、頑丈なチェーンリンクフェンスなどです。)
  4. 群れの管理(コネチカット州郊外では捕食者の導入は選択肢にない)
    1. クリティカル(またはレギュレーション)ハンティング
    2. ライブキャプチャとリロケーション
    3. 生殖出力の制御


狩猟の制限


規制された狩猟は、オジロジカの駆除の方法として最も広く使われています。ある場所では有効であっても、別の場所では逆効果になることがあります。狩猟の制限には次のようなものがあります。
  1. 中程度から低レベルのハンティングは、シカ全体の健康状態や繁殖能力の向上につながる可能性があります。これは、狩猟によって生存しているシカの競争が減り、シカがより多くの餌とより多くの子鹿を手に入れることができるようになることが多いからです。
  2. シカは日中眠り、日没後に餌を食べることができるため、狩猟時間を避けています。日中の狩猟は禁止されています。
  3. 郊外は人口が密集しているため、狩猟ができない、あるいは安全でないことが多い。また、社会的に受け入れられないこともしばしばあります。
  4. シカは狩猟期間中はその地域を避けるようになり、狩猟が制限された地域に避難するようになります。

生け捕りと再配置


これはいつも快適な選択肢のように思えます。殺すことなく問題のあるシカを追い払うことができ、誰も動揺することはありません。この方法によるシカ駆除の問題点は以下の通りです。
  1. これらの超過した鹿を放すことができる場所は、ほとんどありません
  2. 捕獲と解放の手順が非常に高価であること
  3. この方法に対する最大の反対意見は、移設された動物の死亡率が非常に高いことです

鹿の繁殖問題


リプロダクティブ・コントロール:集団の繁殖を自然死亡率以下のレベルにまで低下させることで、個体数の減少を達成することができます。シカの非致死的コントロールに関する研究のほとんどは、雌に焦点を当てたものなのです。メスのシカの繁殖をコントロールする2つの基本的な方法は、免疫避妊薬の使用と避妊具の使用で成り立っています。

繁殖制御のさまざまな方法を論じる前に、コネチカットのシカの生態における3つの異なる季節について説明したいと思います。これは、繁殖出力を制御するための技術がこれらの季節に依存するため、関連性があります: 9月から12月は繁殖期、1月から4月は放牧期でほとんどの雌が妊娠する時期、5月から8月は子鹿の時期、12月は子鹿の時期でほとんどの雌が妊娠する時期です。

前述したように、メスジカの繁殖抑制には2つの方法が試されており、1つ目は免疫避妊ワクチンを使用する方法で行います。これらのワクチンは、人間の避妊薬と同様の働きをします。免疫避妊ワクチンの欠点は、初年度に雌を2回治療する必要があり、治療した雌はプログラムの翌年以降、毎年ブースターショットを打つ必要があることです。また、メスは繁殖期の直前に治療する必要があります。

また、シカの雌の繁殖をコントロールする方法として、避妊具の使用もあります。うっ滞因子とは、自然流産を引き起こす因子のことです。避妊薬の欠点は、免疫避妊薬と同様に、雌を毎年繁殖期に治療しなければならないことです。

妊娠初期に治療した場合、メスは再び妊娠するだけです。妊娠後期に治療した場合、メスの健康を害することが多い(メスの分娩時間が異常に長くなります。通常の分娩時間は20-25分程度だが、この治療では24-28時間であるということです。

雄鹿の生殖能力


森林周辺の郊外のコミュニティは、オジロジカにとって理想的な生息地です。

カメラを使用した研究データによると、成人雄鹿1頭人につき、成人雌鹿は約 3頭いることがわかりました。鹿は1夫3妻制のようです。
このデータは、州の他の部分と一致しています。

非致死的な個体数制御研究プログラムを開始する前に、サイト内のシカの移動パターンと行動に関する情報も必要でした。この目的のために、70 頭以上のシカを捕獲し、個体識別用の牛タグを取り付けました。

動きのパターンを記録するために、一部の鹿に GPS 首輪と無線首輪を装着しました。この首輪はGPS首輪です。これらの首輪は、衛星を追跡することにより、動物の正確な位置を 2 時間ごとに記録します。

行動範囲のサイズが雌の間で大きく異なり、14ヘクタール エーカーから 200ヘクタール の範囲であるということでした。通常、シカの密度が非常に高い地域で見られる郊外のシカは、比較的小さな行動圏を持っています。データは、ほとんどの郊外のメスのシカが非常に明確な行動パターンを持っていることを明らかにしました.森林地帯から人々の裏庭に餌を与えるために移動するとき、彼らは通常、特定の庭を選び、同じ場所に繰り返し夜を過ごしました。

ラマクリスナン博士がコネチカット州でテストしている不妊化技術に話を進めます。ラマクリスナン博士が研究しているのは、大型のオスを不妊化する方法です。シカの繁殖制御に関する研究の多くは、メスに焦点を当てたものです。

その理由は、狩猟の記録から、集団からオスを取り除いてもメスの繁殖率に悪影響がないことが分かっているからです。しかし、狩猟はその地域からオスを移動させるので、そうでなければメスと交尾する機会がなかったオスが出現する可能性があるということです。

不妊化により、処理されたオスはその地域にとどまることができます。オジロジカのような種では、優位なオスが交尾の大部分を支配する階層があるため、大型のオスを不妊化することで効率が良くなる可能性があります。郊外のシカは行動範囲が狭いので、オスがメスを守りやすい。家畜の雄を不妊化する方法として、一般的に去勢手術が行われています。

しかし、去勢はホルモン分泌を妨げるため、そのようなオスは枝角が形成されず、交尾や配偶子保護行動も行われなくなる。しかし、去勢手術はホルモン分泌を阻害するため、枝角を形成したり、交尾や配偶子保護行動をとったりすることはありません。

治療した雄を集団に残すことで、これらの個体は資源を使い続け、交尾行動に参加し、雌の繁殖出力を低下さ せます。

日本の農林水産省や環境省ではこのような試験的問題にまだ取り組んでおりません。人材の確保が難しいことや技術力が不足しているからかもしれません。最近の文書からも見つけることはまだできていません。

オスのシカの生殖生理学


雄ジカの生殖生理について、次に簡単に説明いたします。精子は精巣に貯蔵され、精巣上体、精管を通って運ばれるという仕組みになっています。前述したように、シカは季節繁殖をする動物です。そのため、生殖器は7月から1月頃までしか機能せず、それ以降は休眠状態にあります。ラマクリスナン博士が実験しているオスを不妊にする方法はとても簡単で、精巣上体筋をブロックすることです。この方法では、皮膚から瘢痕化剤を注入し、精子の流れを阻害する栓を形成させます。


この不妊治療法の利点は以下の通りです
  1. ステロイドとは異なり、これらの薬剤は投与後すぐにシステム内で消失する。
  2. 治療した動物の行動は、治療の結果として変化することはありません。
  3. 大型のオスに焦点を当てることで、集団の中の少数の個体を治療する必要がある。
  4. 施術を受けた人が感染するリスクが非常に低い。
  5. 処置は永久的で、素早く簡単に習得でき、手術器具を必要としないように見える。


この方法の考えられる問題点
  1. オスとメスの行動変容につながる可能性がある
  2. 冬を越せない晩産の子鹿が増える可能性がある
  3. 成功率の測定が困難である
  4. 動物を捕獲して治療する必要がある
  5. 雌は生殖の機会をより多く残すために、サイクルを続けることができる。

米国農務省の一部門である国立野生生物研究センターでは、現在、単回投与型の免疫避妊薬の研究に取り組んでいます。また、雌の不妊化に関する研究も進められています。

日本の農林水産省も語学の問題もあり難しいかもしれませんが、米国のラマクリスナン博士などと研究を一緒に共同参加するなどしてこの問題の解決策に結び付けてほしいと願っています。

参考ソース :シカ個体数の増加を制御する非致死的方法
植物科学の日 2002 ショート トーク Dr. Uma Ramakrishnan

コネチカット農業試験場
12​​3 Huntington Street, PO Box 1106
New Haven, CT 06504






とうがらし 種 【ハラペーニョ 小袋】 1袋550円

【小袋を3袋以上の同時ご購入で送料無料!!】※発送はメール便での発送となります【ほどよい辛さのトウガラシ】

フタバ種苗ネットショップ

ナナイの過去の記事 ハラペーニョとは? 栽培しているメキシコ農場について
日本のスーパーでは市場にほとんど出回っておらず、かつ鹿とイノシシ対策に効果的な香辛料お野菜。
是非この機会に栽培されてはいかがでしょうか?米国をはじめとした西欧では大人気です。これからは需要が高まります!



ハーバード式健康法人気記事

育毛におすすめの魚野菜と果物





育毛におすすめの魚野菜ベリー




育毛におすすめのサラダ





ドーナツとソーダー水




髪を染める1




フランスパリのオイスターランチ



関連記事