ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

視力を上げる自然な方法ってあるの?

2023/01/23
ハーバード式健康とアンチエイジング
視力 上げる 方法 運動 目の病気 ビタミン ハーバード大学 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

視力を向上させる自然な方法ってあるの?



視力を自然に上げれる方法ってないのかなぁ?私たちは子供の頃からそう願ってきました。はたしてできるのでしょうか?
最先端の研究成果はどうなっているのでしょうか?

日本ではまだ公には公開されていませんが緑内障や白内障が私たちの日頃の運動をすることによって防げるという研究データーがあります。今回の記事は視力低下を防ぐだけではなく、視力回復に効果のある医学的根拠のある記事や米国眼科協会と眼科疾病アカデミーの近年の成果を元に集めた記事です。


アルトの視力


できるだけわかりやすくまとめました。




視力を向上させるレーシック手術をしない自然な方法 10項目


1.サングラス

サングラスは、カッコよく見せるためだけのものではありません。サングラスをかけることは、視力を向上させるために最も重要なステップのひとつです。太陽光線からのUVAとUVBの放射を99~100%ブロックするサングラスが必要です。

サングラスは、目の損傷に起因する症状から目を保護するのに役立ちます。白内障、黄斑変性症、翼状片(白目の上の組織が成長したもの)などがあります。翼状片は乱視の原因となり、視界がぼやける可能性があります。

また、つばの広い帽子をかぶることで、目を日焼けから守ることができます。


2.20-20-20の法則に従う

日中酷使している目には、時折、休息が必要です。特に、パソコンで長時間作業をしていると、目の負担が大きくなります。この負担を軽減するために、「20-20-20ルール」に従いましょう。

つまり、20分ごとにパソコンを見つめるのをやめて、20フィート離れたものを20秒間見ることです。


3.健康でいること

運動と健康的な体重の維持は、ウエストのくびれだけでなく、目にもよい影響を与えます。太り過ぎや肥満の人に多い2型糖尿病は、目の細い血管にダメージを与えることがあります。

この状態は、糖尿病性網膜症信頼できるソースと呼ばれています。血液中を循環する糖分が多すぎると、動脈の繊細な壁が傷つけられます。糖尿病性網膜症は、網膜(目の奥の光に敏感な部分)の非常に小さな動脈から、血液や体液が目の中に漏れ出し、視力に害を及ぼします。

血糖値を定期的にチェックし、健康でスリムな体を維持することで、2型糖尿病やその合併症の発症確率を下げることができます。


4.慢性疾患の管理

視力に影響を与える病気は糖尿病だけではありま せん。高血圧や多発性硬化症など、他の疾患も視力に 影響を与える可能性があります。これらの疾患は、慢性的な炎症と関連しており、頭の先からつま先まで健康に害を及ぼす可能性があります。

例えば、視神経の炎症は、痛みを引き起こし、視力を完全に失うことさえあります。多発性硬化症のような病気は予防できませんが、健康的な生活習慣と薬物療法で管理しようとすることはできます。

高血圧は、心臓によい食事、運動、降圧剤で効果的に治療することができます。


5.主要なビタミンとミネラルを十分にとる


ビタミンA、C、E、そしてミネラルの亜鉛には、黄斑変性症の予防に役立つ抗酸化物質が含まれています。黄斑変性症は、目の中心部の視力を司る黄斑が衰える病気です。

これらの重要な栄養素を含む食材には、以下のような色とりどりの野菜や果物があります。

ニンジン
赤ピーマン
ブロッコリー
ほうれん草
いちご
サツマイモ
柑橘類


また、サーモンや亜麻仁など、オメガ3脂肪酸を多く含む食品も目の健康におすすめです。



眼にいいたべもの




カロテノイドを忘れずに


その他のいくつかの栄養素も、視力向上のカギとなります。ルテインとゼアキサンチンは、網膜に存在するカロテノイドの一種です。葉物野菜やブロッコリー、ズッキーニ、卵などにも含まれています。

ルテインとゼアキサンチンは、サプリメントの形で摂取することもできます。これらのカロテノイドは、目の黄斑部の色素密度を高め、超強力な光や青い光を吸収することで、黄斑部を保護するのに役立ちます。


保護メガネを着用する

ラケットボールをするときも、ガレージで作業するときも、学校で科学実験をするときも、適切なアイウェアで目を保護することが重要です。

化学物質や鋭利なもの、木くずや金属片、バスケットボールの試合中に飛んできたひじなど、目に入る危険性がある場合は、丈夫な保護用アイウェアが欠かせません。

多くの保護用ゴーグルTrusted Sourceは、ポリカーボネートの一種で作られており、他の形態のプラスチックよりも約10倍丈夫です。


タバコをやめる

喫煙が肺や心臓に悪いことはご存じでしょう。もちろん、髪、肌、歯、その他体のあらゆる部分にも悪い影響を与えます。その中には、目も含まれます。喫煙は、白内障や加齢黄斑変性症の発症リスクを劇的に上昇させます。

幸い、目、肺、心臓、その他の部位は、禁煙を始めてから数時間で長年のタバコによる害から回復し始めることができます。そして、タバコを避けられる時間が長ければ長いほど、血管に恩恵がもたらされ、目や体のあちこちで炎症が緩和されるのです。


自分の家族の眼に関する病歴を把握する

目の疾患には遺伝性のものがあります。両親や祖父母が患っていた目の疾患について知っておくことは、予防策につながります。

遺伝性の疾患には次のようなものがあります。

緑内障
網膜変性症
加齢黄斑変性症
視神経萎縮症


家族の病歴を把握することで、早期の予防が可能になります。


手とレンズを清潔に保つ

目は特に細菌や感染症に弱い部分です。目を刺激するものであっても、視力に影響を与えることがあります。そのため、目を触る前やコンタクトレンズを扱う前には、必ず手を洗いましょう。

また、指示通りに手を洗い、コンタクトレンズを消毒することも非常に重要です。

また、メーカーや医師のアドバイスに従って、コンタクトレンズを交換する必要があります。コンタクトレンズの中の細菌は、目の細菌感染につながる可能性があります。


まとめ

手洗い、野菜、体重の管理は、視力回復のための重要なステップとは考えにくいかもしれません。

健康的なライフスタイルを送り、日光や異物から目を保護することで、すべての目の病気を予防することはできません。しかし、視力を低下させるような問題が発生する確率を下げることはできます。



眼にいい朝ごはん

50歳以上の視力改善方法ベスト8


視力と年齢

成人の多くは、40代半ばから50代前半にかけて、特に読書やコンピュータでの作業時に視力の問題を抱えるようになります。近距離の視力低下は、40歳から60歳にかけて最もよく見られる視力障害のひとつです。しかし、これは目のピント合わせの能力による正常な変化であり、時間とともに進行することもあります。


最初のうちは、読み物を遠くに持っていかないと見えないかもしれません。時間が経つと、眼鏡を外さないと読書用品を近くで見ることができなくなります。薄暗い照明の下では、新聞やレストランのメニューがぼやけて見えることがあります。

処方された眼鏡やコンタクトレンズを使用すれば、視力は改善されるかもしれません。しかし、視力回復のためにもっと努力したいのであれば、他にも方法があります。この記事では、50歳以上の視力を向上させる8つの方法を探ります。


1. 目のための食事

ニンジンを食べることは、視力によいことです。陳腐な表現に聞こえるかもしれませんが、あながち間違いではありません。ニンジンには、視力に不可欠な栄養素であるビタミンAが豊富に含まれています。しかし、目の健康な機能を促進するビタミンは、ビタミンAだけではありません。ビタミンC、ビタミンE、銅、亜鉛を多く含む食品を食事に取り入れるようにしましょう。

年齢を重ねるにつれ、黄斑変性症が最大の課題となることがあります。抗酸化物質には、黄斑変性症を抑える働きがあります。そのため、卵、カボチャ、ニンジン、濃い葉野菜、サツマイモなどの食品を食べましょう。

魚もまた、目によいものです。サバ、天然のサケ、タラなどの冷水魚には、DHAという脂肪酸が豊富に含まれており、目などの細胞膜を強化します。



栄養をとる


2. 目のための運動

目には筋肉がありますから、健康な状態を維持するためには運動が必要です。目の運動は、目が疲れたと感じる朝や寝る前に行うのが効果的です。1ヶ月続けてみると、違いがわかるかもしれません。

まず、温かい手のひらで5秒間、目を温めることから始めます。これを3回繰り返します。目を丸くすることは、単にイライラしているというだけでなく、目の筋肉を鍛えることにもつながります。上を見て、目を左右に10回ほど回してください。

集中力を高めるために、ペンを腕の長さまで持って、ペンに集中します。ペンをゆっくりと鼻から15センチほどのところまで近づけます。この作業を10回繰り返します。


3. 視力回復のための全身運動

1日20分以上の運動は、目も含めて全身の健康によい。血液の循環がよくなると、目の細い血管に沈着した有害物質が取り除かれ、有益なのです。運動は激しくする必要はありません。むしろ、早足で歩く程度で十分です。


4. 目を休める


ほんの数分、目を閉じることが有効です。1時間に1回でも、仕事に打ち込んでいるときは何度でもOKです。また、パソコンの前に座ったり、本を読んだりする仕事なら、目を閉じることでリフレッシュすることができます。簡単なことですが、このエクササイズは目を過労や疲労から守ることができます。


5. 十分な睡眠をとる

数分目を休ませるだけでは十分ではありません。あなたの体は、規則正しい安らかな睡眠を必要としています。睡眠が健康維持に重要であることは、どんな医師も教えてくれるでしょう。体が十分な休息をとると、目は生まれ変わります。パソコン作業や読書など、激しい視覚活動をする場合は、短い休憩を入れることで、目を休ませることができます。


6. 目に優しい環境づくり

私たちの身の回りには、目に悪いと思われるものがたくさんあります。例えば、パソコンの前に長時間座っている、プールの塩素水が目に入る、読書をするときに薄暗い照明を使う、蛍光灯が目に入る、などは視力を低下させます。このような状況に気をつけ、目に負担をかけないような工夫をしましょう。


7. タバコを吸わない

喫煙は、不健康であることに加え、失明の原因になることがあります。喫煙は白内障の発症確率を高め、加齢黄斑変性症(AMD)を引き起こす可能性があります。さらに、喫煙は目に有効な抗酸化物質の数を減少させる可能性があります。


8. 定期的に眼科検診を受ける

多くの人は、視力に問題が生じてから眼科検診を受 けます。しかし、それでは手遅れになることもあ ります。早期に眼科検診を受けることで、問題が深刻化する前に診断することができます。実際、視力の異常のほとんどは、早期に発見することで改善することができます。


50歳を過ぎると、視力は難しくなります。しかし、良いライフスタイルと健康的な栄養、そして定期的な眼科検診で視力を改善することができます。


アルト君のあこがれのひと


大人の視力 41歳~60歳


中高年の方は、視力のわずかな変化に気づき始め、時間とともに進行していきます。

中年の視力

40代前半から半ばにかけて、多くの成人は、特に読書やコンピュータでの作業時に、近距離をはっきりと見ることができなくなることがあります。これは、41歳から60歳までに発症する最も一般的な問題のひとつです。この目の焦点調節能力の正常な変化は、老眼と呼ばれ、時間の経過とともに進行していきます。

最初は、読書用の資料をはっきり見るために、遠くに持っていく必要があるかもしれません。あるいは、近くを見るために眼鏡を外す必要があるかもしれません。新聞やレストランのメニューの文字がぼやけて見えることがありますが、これは特に薄暗い照明のもとでのことです。

遠くをはっきり見るためにすでに処方されたメガネやコンタクトレンズを使用している場合は、遠近両用メガネや多焦点コンタクトレンズに切り替えることで、こうした近見視力の変化を矯正することができます。幸いなことに、老眼の人には視力を改善するための選択肢がたくさんあります。

この数年間は、少なくとも2年に一度は検眼医による総合的な眼科検診を受け、眼や視力の問題が進行していないかチェックしましょう。運転免許証の視力検査やその他の不十分な視力検査に頼らずに、目や視力に問題があるかどうかを判断してください。

40歳以上の成人で、以下のような健康問題や仕事上の問題を抱えている人は、特に目や視力の問題を発症するリスクが高い可能性があります。

糖尿病や高血圧などの慢性的な全身疾患。
緑内障や黄斑変性症の家族歴がある。
視覚的な負荷が高い仕事、または目に危険のある職業に就いている

高コレステロール、甲状腺、不安やうつ病、関節炎など、薬を飲んでいる病気
抗ヒスタミン剤を含む多くの薬には、視力の副作用があります


加齢による視力の変化を理解する


身体と同じように、目や視力も時間とともに変化します。すべての人が同じ症状を経験するわけではありませんが、一般的な加齢に伴う視力の変化には次のようなものがあります。


より多くの光を必要とする


加齢に伴い、以前と同じようによく見るためには、より多くの光が必要になります。仕事場や読書椅子の横に明るい照明があれば、読書や近くを見る作業が楽になります。

読書や近接作業がしにくくなる。印刷物は鮮明でなくなることがありますが、これは目のレンズが時間とともに柔軟性を失うことが一因です。このため、若い頃よりも近くのものに焦点を合わせるのが難しくなります。

まぶしさに関する問題。運転中、夜間のヘッドライトや、日中のフロントガラスや舗道で反射する太陽の光が、さらにまぶしく感じられることがあります。目のレンズの変化により、目に入ってきた光が網膜に正確に焦点を結ぶのではなく、散乱してしまうのです。その結果、まぶしさが増すのです。





色覚の変化

目の中にある通常は透明なレンズが変色し始めることがあります。これにより、特定の色調を見分けることが難しくなります。


涙の分泌量の減少


年齢とともに、目の中の涙腺からの涙の分泌が減少します。これは、ホルモンの変化を経験する女性に特に当てはまります。その結果、目が乾燥したり、刺激を感じたりすることがあります。十分な量の涙は、目の健康を保ち、クリアな視界を維持するために不可欠です。


40歳を過ぎると、近見視力に問題が生じる

これまで遠視の矯正に眼鏡やコンタクトレンズを必要としなかった人が、40歳を過ぎて近視の問題を経験すると、心配になりイライラすることがあります。新聞を読んだり、携帯電話の番号を見たりする能力が突然失われたように感じるかもしれません。

このようなピント合わせの力の変化は、子供の頃から徐々に起こっていたものです。今、あなたの目には、読書やその他の近見作業をはっきり見るための十分な焦点調節力がありません。

老眼は、目の中の水晶体の柔軟性が失われることによって起こります。この柔軟性によって、遠くのものから近くのものへと焦点を変えることができるのです。

老眼の人がクリアな近見視力を取り戻すには、いくつかの選択肢があります。以下のものがあります。

老眼鏡、遠近両用メガネ、累進屈折力レンズなどのメガネ
コンタクトレンズ(単焦点レンズ、多焦点レンズなど)
レーザー手術やその他の屈折矯正手術


年齢を重ねるにつれて、老眼は進行していきます。メガネやコンタクトレンズの処方を以前より頻繁に変更する必要があることに気づくかもしれません。60歳頃になると、近見視力の変化は止まり、処方箋を変更する頻度も少なくなります。

老眼を予防したり治したりすることはできませんが、ほとんどの人は、ライフスタイルに必要な、クリアで快適な近見視力を取り戻すことができるはずです。


目の健康問題の警告サイン


この時期は、目や視力のさまざまな問題を引き起こすリスクが高まる時期でもあります。以下のような症状は、深刻な目の健康問題の初期警告サインである可能性があります。


視力の変化


視力が頻繁に変化するのは、糖尿病や高血圧の兆候かもしれません。これらの慢性疾患は、網膜(目の奥にある光に敏感な層)の細い血管を損傷する可能性があります。この視力低下は、時に永久的なものになることがあります。

浮遊物や閃光が見える。時折、目の中に斑点や浮遊物が見えることがあります。ほとんどの場合、これは眼球の中を満たしている液体の中に浮かぶ粒子の影像です。気になることもありますが、通常、視力に害を与えることはありません。目の加齢に伴う自然な現象なのです。

しかし、突然、明るい光や点滅する光とともに、通常よりも多くの浮遊物が見えたら、すぐに検眼医に診てもらいましょう。これは、網膜に裂け目ができていて、剥離する可能性があるサインかもしれません。これは、深刻な視力低下を防ぐために、すぐに治療する必要があります。


側方視力の低下


周辺視野や側方視野の喪失は、緑内障の徴候である可能性があります。緑内障は、視神経が損傷し、すべての視覚イメージを脳に伝達できなくなったときに発生します。緑内障は、視野の損傷が始まるまで自覚症状がないことが多いのです。

歪んだ像が見える。直線が歪んで見えたり、波打って見えたり、視界の中央に何もない部分がある場合は、加齢黄斑変性症(AMD)の兆候である可能性があります。この病気は、網膜の黄斑部(中心視力を司る部分)が侵されます。

この病気は、視野の中央に死角を生じさせます。定期的な眼科検診と眼科疾患の早期診断・治療により、生涯にわたって良好な視力を維持することができます。



運動とごはん

運動が目の病気を防ぐ可能性、研究で判明


定期的な運動は、ウエストを細くし、気分を高揚さ せます。今、新しい研究は、運動が目の損傷を防ぐ可能性もあることを示唆してい る。これは、50歳以上の人々の視力喪失の主な原因である黄斑変性症(AMD)を食い止めるのに役立つ可能性があります。

今回の発見は、運動がAMD、緑内障、糖尿病性網膜症などの深刻な眼疾患を予防するというこれまでの主張を裏付けるものです。しかし、運動を自己申告した人の疾病リスクを調べた過去の研究とは異なり、新しい研究では、身体活動が目に及ぼす影響を直接調べました。

眼科医でアカデミーの広報担当者であるJ. Kevin McKinney, MD, MPHは、「この新しい研究は、運動とAMD予防の関連性を示唆する実験的証拠によって、これまでの知見を裏付けており、非常に興味深いものです」と語っています。


運動は目の健康な血管を促進する

研究者たちは、2つのグループのマウスを研究しました。1つのグループには運動用の車輪を与え、もう1つのグループには与えませんでした。4週間後、研究者たちはマウスの目をレーザーで治療し、加齢に伴う視力低下を起こした人間に起こる変化をシミュレートしました。この処置の後、体を動かしたマウスは、そうでないマウスに比べて目の損傷が最大で45%減少しました。

この研究は、運動が目の回復力を高めることを示唆しています。運動は、新生血管緑内障、AMD、糖尿病性網膜症などの目の症状で起こる血管の過剰増殖から保護する可能性があります。


定期的な運動が目の健康を促進する

医学者たちは、運動が人間の目を保護する仕組みについて、現在も研究を続けています。その発見が、さまざまな目の症状に対する治療法の鍵を握るかもしれません。

しかし、今のところ、運動がいくつかの眼の疾患を防ぐことができることは明らかです。また、すでに病気を持っている人は、運動によって病気をよりよく管理することができます。ある研究では、適度な運動をしている人は、運動していない人に比べて緑内障になる確率が25%低いことがわかりました。

すでに緑内障を患っている人は、定期的に運動することで眼圧が下がり、網膜や視神経への血流が良くなります。 また、運動は糖尿病の人が病気をコントロールするのにも役立ちます。運動は、現役世代の視力喪失の主な原因である糖尿病性網膜症などの合併症のリスクを軽減します。


どの程度運動すればよいのでしょうか?

この新しい研究は、定期的な適度な運動が健康に良いという勧告を強化するものです。CDC、WHO、米国心臓協会はいずれも、1週間に150分の適度な有酸素運動を推奨しています。これは、1日約30分、週5日に相当します。ウォーキング、サイクリング、水泳、ダンス、そしてガーデニングなど、さまざまな運動が考えられます。継続的な運動は、あなたとあなたの目の健康を維持するために役立ちます。



果物ディスプレイ海外1


目の健康に最も良い4つのビタミン


目の健康に最も良い4つのビタミンと、ニンジン以外で視力を改善する可能性のある食品について

目の健康に最も良いビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群です。
ビタミンCは白内障を予防し、加齢黄斑変性症(AMD)の進行を遅らせる働きがあると言われています。
ビタミンAが不足すると、角膜や網膜に害を与え、視力を低下させる可能性があります。

特に高齢になると、視力を最良の状態に保つために、目は重要なバランスのビタミンを必要とします。ビタミンAやビタミンB12など、一部のビタミンが不足すると、視力低下や失明につながる目の病気にかかりやすくなる可能性があります。

多くの場合、野菜や果物を多く含むバランスの取れた食事で、目の健康を維持することができます。しかし、深刻な眼病を患っている場合は、ビタミンのサプリメントを追加する必要があるかもしれません。

ここでは、視力を維持するために最も重要な4種類のビタミンをご紹介します。


1. ビタミンA

「ニンジンが目に良いというのはよく聞く話です。これは、ニンジンにビタミンAが多く含まれているからです」と、トーマス・ジェファーソン大学の眼科医で教授のスニール J. ガルグ(Sunir J. Garg)医学博士は言います。

ビタミン A は角膜と呼ばれる、目の前だけでなく、網膜と呼ばれる、目の背面に重要です、Garg は言います。食事でビタミンAが不足すると、角膜や網膜に害を及ぼし、視力の低下を招きます。

ビタミンAは網膜を正常に働かせるための色素の生成を助けるからです。ビタミンAが不足すると、暗いところで目が見えにくくなることがあります。

「ありがたいことに、この種の視力低下は、ビタミンAのレベルが正常に戻れば、しばしば改善されます」とガルグ氏は言います。つまり、1日の推奨値である0.7mgから0.9mgを摂取していれば、ビタミンAを大幅に増やす必要はないようです。


2. ビタミンB群


ビタミンB6、B12、葉酸などのビタミンB群は、加齢黄斑変性症(AMD)を予防し、目の健康を増進する働きがあります。これは、ビタミンB群が、網膜の動脈に影響を与え、AMDの独立した危険因子である酸、ホモシステインの血中濃度を下げるからです。

2009年に行われた大規模な研究では、ビタミンB12が欠乏している女性は、B12レベルが正常な女性に比べて、AMDになる確率が2倍であることがわかりました。さらに、B6 50mg、B12 1mg、葉酸 2.5mg のサプリメントを2年間摂取した女性は、AMDの発症率が35%~40%減少しました。

ビタミンB群が不足すると、眼から脳へ映像を伝える組織である視神経に問題が生じることもあります。重度の欠乏症になると、視力の低下や盲点が生じることもあります。

ここでは、重要なビタミンB群の一つであるビタミンB6をより多く摂取する方法をご紹介します。


3. ビタミンC


白内障は、目の水晶体にできる濁りのことで、年をとるにつれて視力が低下する最も一般的な理由のひとつとされています。

"ビタミンCとEは強力な抗酸化物質です。ビタミンCとEは強力な抗酸化物質で、白内障の発症リスクを下げる効果があります」とガルグ。

抗酸化物質は、あなたの目のレンズの変更を引き起こす可能性がありますフリーラジカルから保護するのに役立ちます、あなたのビジョンを混乱させる濁った外観につながる。

いくつかの研究によると、1日140mg以上のビタミンC(参考までに、推奨値は1日60~90mg)を摂取することで、白内障の発症を予防することができるそうです。しかし、2013年の非常に大規模な研究では、500mg以上のビタミンCを摂取すると、喫煙者や肥満の男性など、特定のグループでは実際に白内障のリスクが高まる可能性があることがわかったので、取りすぎには注意が必要です。

また、ビタミンCは、網膜を支える目の血管を強化することで、AMDの進行を遅らせる効果もあることが、研究により明らかにされています。2016年の大規模な研究では、ビタミンCの摂取量が多い人は、AMDになる確率が有意に低いことがわかりました。


4. ビタミンE


ビタミンEも体内で抗酸化物質として働き、老後の視力低下から守ってくれる可能性があることが研究で示されています。

より多くの研究が必要ですが、ビタミンEを多く含む食事をしたり、ビタミンEのサプリメントを長期的に摂取することで、白内障やAMDを予防できる可能性を示唆する研究結果もあります。

2005年に行われた大規模な研究では、ビタミンEのサプリメントを摂取している人は、5年の間に目のレンズが濁る可能性が低いことがわかりました。しかし、2001年に行われた大規模な研究では、毎日400IUのビタミンサプリメントを摂取しても、目の曇りには影響がないことが分かっています。

また、ビタミンEに含まれる抗酸化物質が白内障の進行を遅らせる効果があるという研究結果もあり、専門家は効果を得るために少なくとも100IUの摂取を勧めています。

これらの重要なビタミンを十分に摂取することは、視力の強化や保護に大きく貢献します。ビタミンが欠乏していない限り、ほとんどの場合、サプリメントを追加で摂取する必要はありません。

「ほとんどの人は、バランスのよい食事から十分な量のビタミンを摂取しています」とガルグ。

しかし、AMDのような深刻な病気の場合は、医師からサプリメントの利用を勧められることもあります。「黄斑変性症のための高用量ビタミン剤が広く出回っています」とガルグは言います。

しかし、サプリメントを大量に摂取すると、場合によっては健康上の問題を引き起こす可能性があるため、「眼科医と相談しない限り、こうした高用量ビタミンを摂取するべきではありません」と、Gargさんは言います。


まとめと参考ソースサイト一覧


研究論文やリサーチデーターにはありませんが、眼鏡やコンタクトレンズを使用しなくても40代で裸眼視力1.5以上の知人たちは欧米人に多いです。

他にはいつも行くスーパーの男性店員さん達や職人さん達です。インタビューしているわけではありませんが普段から体を動かす人に多く見られます。話をきくと蝙蝠が飛んでいる様子も裸眼で確認できるとのことなので実際は視力は2.0以上なのかもしれません。

デスクワーク中心に作業をされる方は眼鏡やコンタクトレンズ使用者が多いです、

もしかしたらスマフォやPCの使い過ぎや勉強による猫背やビタミン摂取など栄養問題にも原因があるのかもしれません。
これは今後の私たちの課題でしょう。

そしてこれは余談ですが、私は英国や米国留学中から今まで(震災の影響もあり中間数年ほどさぼった時期もあります。)1日平均7㎞ほど歩きます。これにより視力悪化も防げましたし(30歳の頃と使用しているコンタクトレンズの度数は同じ)、老眼(老眼の眼鏡使用はしていません)にもまだなっておりません。

またできるだけお惣菜などは購入せずに自炊中心。外食はコロナ禍の影響もあり自粛中。

視力回復というほどではありませんが、視野も通常通りです。また情報が入り次第続編も企画しています。是非お楽しみに。


日本人や海外の研究者の方で今後「米国眼科協会やアカデミーなどから」医学論文などでソースが欲しい方は以下の
参考サイトより原文を是非アクセスされてください。
未来の医学研究の発展もかげながら応援しております。


参考サイト
 

ハーバード式健康法人気記事

紅茶で髪を染める4










ミニオープンサンド






パリのケーキ屋さん3







紅茶を入れる



ハーバード式美肌への道



クマのケーキ





フランスのクッキー







サラダトースト2








関連記事